最愛の弟を謀殺されたシュン(福田沙紀)と、幼い頃、家族を惨殺されたタケル(松下優也)。
絶望と怒りを抱えた2人は、謎の公安関係者・クチナワ(上川隆也)の依頼を受け、
秘密潜入捜査を 手伝うことになる。
潜入先は住民のほとんどが不法滞在者の居住区ミドリ町(架空)。
ここでは巨大暴力組織の構成員・塚本のもと、違法なドラッグが製造されていた。
シュンとタケルは、塚本の愛人として入り込んでいる美女・カスミ(夏菜)と落ち合う。
若者たちの危険極まりないミッションが始まる。